農林業・商工業

本別町の農業

本別町は、面積約392km2の半分以上が森林で覆われた緑が美しい自然豊かな町です。畑作は特産品の豆のほか、小麦やビート、馬鈴薯など良質で安全、安心な食糧を全国にお届けしています。酪農は広大な土地で乳牛や肉牛が飼育され、一部ではばんえい馬も飼育されています。 本別町の農業

本別町の商工業

本別町の商業は、商工会や関係団体と協力し、イベントの開催や起業支援、企業誘致などの取り組みをすすめ、魅力的な商店街づくりと雇用の拡大、経済の活性化に力を注いでいます。工業は、農畜産物の製造、加工業を中心に発展しており、道東自動車道本別インターチェンジに近い本別南地区工業団地を整備するなど、企業立地促進を図っています。