緊急通報装置の貸し出し

急病・災害等の突発的な事態に救援を行なうため、自宅とコールセンター・消防署を結ぶ、通報装置の設置を行います。

緊急通報装置の内容

  • 緊急ボタンを押すことで消防署への緊急通報
  • 自宅に人感センサーを設置し、異常時にご家族の携帯電話にメール連絡。
  • 「あいさつボタン」による毎日の安否確認

対象者

おおむね65歳以上のひとり暮らしの高齢者(高齢者夫婦世帯でも状況によっては対象)で、心疾患のあり人や虚弱、要介護認定者など、緊急時の通報手段の確保が困難な人

機器

ボタン通報機

緊急通報ボタン通報機

人感センサー

緊急通報人感センサー

本体端末

緊急通報本体端末

利用料

無料

※機器貸し出しおよび設置、取り外し工事費、毎月のデータ通信費は町が負担しています

※市販電池の交換費用のみ、設置者に負担いただいています(単3電池4本)

利用するには

本人または家族が申請し、面接や地域包括ケア推進会議にて利用の可否を判定させていただきます。

 


このページに関する情報のお問い合わせ先

総合ケアセンター

高齢者福祉担当

電話:0156-22-8520