介護保険を利用して住宅改修を行う場合、改修費に対して次の支給制度があります。

支援内容

要支援1・2、要介護1~5の人

手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をする際、20万円を上限に費用を支給します

支給対象となる改修

  • 廊下や階段、浴室やトイレなどへの手すり設置
  • 段差解消のためのスロープ設置
  • 滑り防止などのための床または通路面の材料の変更
  • 引き戸などの扉の取り替え
  • 洋式便器などへの便器の取り替え
  • 上記の改修にともなって必要となる工事

費用の目安

上限20万円(1割または2割自己負担)

 

※介護保険では上限20万円ですが、町独自の助成制度を利用できる場合もありますので、ご相談下さい

本別町の住宅改修支援事業

本別町では、介護保険の住宅改修と併用して利用できる支援制度があります。詳しくは、下記ページをご覧ください。

本別町住宅改修支援事業

費用の見積もり、施行方法の助言などを無料で行っています。

高齢者などの住宅改修費用助成

高齢者などの住宅を改修する人に、その費用の一部を助成しています。

障がい者サービスによる改修の助成

障がいのある人の住宅改修費用を助成しています。

 

このページに関する情報のお問い合わせ先

総合ケアセンター

電話:0156-22-8520