水道が故障・凍結したときは

給水装置が故障のとき

各家庭へ配水管から分岐する給水管、止水栓、水抜き栓、蛇口までの配管は、個々の所有物であり、維持管理・修理は所有者個人で行っていただきます。使用水量が急に増えた時や、蛇口を閉めても水が止まらない時など、水道の異常がある時は、本別町が指定する給水装置工事事業者に問い合わせ、修理をしてください。
水道が凍結したとき

冬期間は、給水管の凍結事故が多くなります。気温が下がる夜の就寝前や、外出の時には元栓を操作し水抜きをするようにしてください。
水抜きのほかにも、きちんと水が抜けない時は早めに修理をする、冬期間に入る前に建物の換気口を閉め床下に寒気が入らないようにするなど、各自が対策をしてください。
水道が凍結してしまった時、破裂してしまった時などは、給水装置の故障時と同様に、本別町が指定する給水装置工事事業者へ連絡し、修理をしてください。

 

指定給水装置工事業者

このページに関する情報のお問い合わせ先

建設水道課

水道・下水道担当

電話:0156-22-8122

FAX:0156-22-3237