町民文芸「沖積土」の発刊

沖積土編集委員会では、町民の皆さんや本別町にゆかりのある人からエッセイや創作、ノンフィクション作品などをご寄稿いただき、町民文芸「沖積土」を発刊しています。毎年特集テーマを設け、皆さんの思いをお寄せいただいています。

町民文芸「沖積土」第48号

第50号の原稿を募集しています

応募資格

本別町民または本別町にゆかりのある高校生以上の人

募集期間

平成31年5月7日(火)~6月28日(金)

第50号の特集テーマは昨年に引き続き「戦争」です!

特集原稿も募集!~4枚程度

戦争にまつわる作品を募集します。本別空襲だけではなく、外地からの引き揚げ体験、当時の暮らし向きや、戦争体験の有無にかかわらず「本を読んだ」「映画を観た」「話を聞いた」など戦争について書いてみませんか。戦争を体験している人がどんどん少なくなってきています。二度と起こしてはならない戦争について、あなたの思いを教えてください。

募集作品

  • エッセー(紀行、生活記録、感想文を含む):4枚程度
  • 創作:24枚以内
  • ノンフィクション(伝記、ルポ):8枚程度
  • 詩:40行以内
  • 短歌:10首まで
  • 俳句:10句まで
  • 川柳:10句まで

※応募作品は、原則として1人3種目(1種目1点)までとします

応募上の留意点

  • 中央公民館窓口に「指定原稿用紙」を用意していますので、お申し出ください。パソコンをご使用の場合は、指定原稿用紙(たて書き23行、25文字、タイトルと氏名で6行)に準じてください。短詩型は20文字に設定してください。
  • 読み方のわかりにくい字には、ふりがなを忘れずつけてください。
  • 氏名(ペンネームの場合は、本名をカッコ書き)はタイトルのあとに明記し、住所、電話番号は応募原稿末尾に必ず明記してください。
  • 他人を誹謗したものやプライバシーに関することなど、それに類するものは採用できません。
  • 応募原稿は、不採用のもの以外は返却しません。編集は、編集委員会に一任させていただきます。

発刊

平成31年11月上旬 

(1冊500円で販売します)

戦争体験談をお聞かせください

中央公民館では、沖積土第50号発刊に向けて、皆さんの戦争体験談をお聞かせいただきたいと考えています。

ご連絡いただければ、担当者が伺います。

これまでの沖積土特集テーマ

平成30年度 第49号:戦争Ⅰ

平成29年度 第48号:趣味

平成28年度 第47号:白

平成27年度 第46号:食べる

平成26年度 第45号:青

平成25年度 第44号:道

このページに関する情報のお問い合わせ先

本別町教育委員会

中央公民館内文化振興担当(沖積土編集委員会)

電話:0156-22-5111