• ホーム
  • 新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

町民の皆さんへのお願い

町民の皆さんにおかれましては、これまでも感染拡大防止に努めていただいているところですが、いま一度「新北海道スタイル」をご確認の上、基本的な感染予防の徹底を心掛けていただきますようお願いします。

また、感染者や関係者に対する不当な差別や誹謗中傷、偏見を助長したりせず、正しい情報に基づいた冷静さと思いやりのある行動にご協力いただきますよう、重ねてお願いします。

北海道における緊急事態宣言の発令について

北海道では、8月27日から9月30日まで「緊急事態宣言」が発令されています。


新型コロナワクチン個別接種のお知らせ

新型コロナワクチン集団接種終了のお知らせ

新型コロナワクチンとその他のワクチンとの接種間隔について

原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。 新型コロナワクチンとその他のワクチンを接種する場合は、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種が可能です。

  1回目の接種日 2回目の接種日
新型コロナワクチン 10月18日 11月8日
その他のワクチン 前後2週間(10月4日~11月22日)は接種不可

 

なお、創傷時の破傷風トキソイドなど、緊急性を要するものに関しては、例外として2週間を空けずに接種することが可能です。

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

新型コロナワクチン接種に関する差別等の防止について

体質や持病などの理由で、新型コロナワクチンを接種できない人もいます。

また、接種を受けることは強制ではなく、感染症予防の効果とリスクの双方について理解したうえで、自らの意思で接種を受けていただくことになります。

接種していない人に対して、接種の強制や差別、不利益な取り扱いを行うことのないよう、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について

ファイザー社のワクチンでは、接種後に注射した部位の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。

こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。

発現割合 症状
50%以上 接種部位の痛み、疲労、頭痛
10~50% 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ
1~50% 吐き気、嘔吐

コミナティ(ファイザー社)添付文書より改編

 

下記の副反応疑い報告では、国がワクチンの安全性の評価を行うために、ワクチン接種によるものではない偶発的な症状も含めて、報告内容の詳細が掲載されています。

 

新型コロナウイルス感染症 ワクチン接種についてのお知らせ

新型コロナウイルス感染症の詳細については、下記のページをご参照ください

新型コロナウイルス感染症に対する支援策について

検査費用助成

事業者等支援

給付金・商品券交付関係

ふるさと納税

傷病手当金支給

新型コロナウイルス感染症への町内の対応について

町では、新型コロナウイルス感染症感染予防のために、現在町内での行事などを中止および延期にしているほか、公共施設等の利用を一部制限しています。

対応状況については、以下のページをご覧ください。

皆さんのご理解・ご協力をお願いします。

施設等の対応について

町職員の感染者の発生と対応について

町内施設に関係する発生と対応について

新型コロナウイルス感染症に関連したお知らせ