本別町橋梁長寿命化橋梁点検(診断)結果

橋梁などの社会基盤施設の多くは、高度経済成長期に集中的に整備され近年老朽化の進行が懸念されています。構造物の適正な維持管理が求められる中で平成26年7月に道路法が改正され、5年に一度近接目視による点検が義務化されました。

本別町では管理する橋長2m以上の149橋において、計画的に点検を進め、損傷や劣化の早期発見に努め、安全かつ快適な道路環境整備を図っております。

本別町で管理する全橋梁149橋の点検を実施しましたので、その結果を社会資本整備交付金交付要綱に基づき、公表いたします。

このページに関する情報のお問い合わせ先

建設水道課電話:0156-22-8122