歴史民俗資料館

厳しい自然とたたかい、大地を拓き、町の発展の礎となった開拓者たちの足跡を伝える貴重な資料、生活用品などの展示のほか、多様な企画展などを開催しています。

開館日と開館時間

毎週火曜日から金曜日までの午前9時から午後5時まで。
毎週土曜日の午前9時から午後3時まで。
日曜日・月曜日・祝祭日・年末年始は休館。
※企画展などにより、開館日・開館時間が変更になる場合があります

入館料

常設展示・企画展示

  町内 町外
大人・学生 無料 無料


特別展示

  町内 町外
大人 100円 150円
小学生・中学生・高校生
65歳以上の人
障がい者手帳交付者
療育手帳交付者
50円 100円

常設展示

先住民族とアイヌ文化、本別の開拓、林業・林産加工、軍用馬の育成、生活・文化、教育・行政・交通・通信、商工業の発達と時代の移り変わりと生活の様子でテーマに分け、本別の生活史に関係する収蔵品を常設展示としています。
本別で出土した旧石器時代の石刃・削器・土器など、町で盛んだった農業や林業で使った用具、当時の生活様式や文化がうかがえる日用品など、多数展示されています。

企画展示

本別町の歴史だけでなく、資料館の収蔵品や一般の方や関係機関等から借り受けた貴重な品々など身近な歴史資料を取り上げた企画展も開催しています。

過去の企画展示

「商店街のうつりかわり~ふるさと・まちなみ」
本別町の懐かしい商店街の様子を振り返る写真、地図、道具等を展示

「木材のまちほんべつ~ふるさと・森とともに~」
本別町の林業・木工業の今昔を写真や実物資料で紹介

7月15日本別空襲を伝える

1945年7月15日、本別町は十勝で最大の空襲被害を受けました。その歴史をふまえ、恒久的な平和を願い、後世へ伝えていくため、毎年開催している企画展です。
貴重な資料が物語る平和へのメッセージを聞いてください。

町歴史民俗資料館 電話:0156-22-5112(図書館)