後期高齢者医療制度のお知らせ

◆ 保険証が新しくなります◆


8月からは、水色の保険証をご使用ください

現在ご使用の保険証(被保険者証)は有効期限が7月31日をもって満了となるため、8月以降は使用できなくなります。新しい保険証は7月中に簡易書留郵便で自宅へ郵送します。8月になりましたら、現在お持ちのだいだい色の保険証を破棄し、水色の保険証をご使用ください。新しい保険証の有効期限は、令和3年7月31日です。

 

R2.koukikoureisyasyou.jpg

◆減額認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)、限度証(限度額適用認定証)も新しくなります◆


8月からは、黄色の減額認定証、限度証(以下、認定証)をご使用下さい

現在ご使用の認定証は、7月31日をもって有効期限が満了となります。8月以降も継続して該当となる人には、新しい認定証を保険証と一緒に郵送します。8月になりましたら今お持ちの黄緑色の認定証を破棄し、黄色の認定証をご使用ください。新しい認定証の有効期限は令和3年7月31日までです。新たに必要となる人は、下記の条件に該当することをご確認のうえ、住民課国民健康保険担当で手続きをしてください。

 

後期高齢者医療限度額適用・

標準負担額減額認定証

後期高齢者医療限度額適用認定証

R2.kuokikoureisyagengakusyo.jpg R2.koukikoureisyaninteisyo.jpg

減額認定証の交付対象

区分Ⅱ 世帯全員が住民税非課税で区分Ⅰに該当しない人
区分Ⅰ

世帯全員が住民税非課税である人のうち、次のいずれかに該当する人

  • 世帯全員の所得が0円の人

  →公的年金収入のみの場合、その受給額が80万円以下の人

  • 老齢福祉年金を受給している人

限度証の交付対象

現役並みⅢ 住民税課税所得が690万円以上の被保険者と、その同一世帯にいる被保険者
現役並みⅡ 現役並みⅢに該当せず、住民税課税所得が380万円以上の被保険者と、その同一世帯にいる被保険者
現役並みⅠ 現役並みⅢ・Ⅱに該当しない3割負担の被保険者と、その同一世帯にいる被保険者

医療費通知を全受診者へ送付します

医療費総額などについてお知らせする「医療費通知」を、全受診者にお送りします。発行月は、1月と2月の年2回です。

保険料の納付方法について

保険料を年金から天引きで納付している場合、口座振替による納付方法に変更できます。変更を希望される人は、住民課国民健康保険担当窓口で手続きをしてください。

 

▼手続きに必要なもの▼

  • 被保険者本人の保険証
  • 振替口座の預金通帳とお届け印

その他

  • 後期高齢者医療制度についてはこちら
このページに関する情報のお問い合わせ先

北海道後期高齢者医療広域連合

電話:011-290-5601

役場住民課国民健康保険担当

電話:0156-22-8128