戸籍の記載がない人へ

子どもが生まれたとき、保護者は出生届を市町村の役場に届け出し、戸籍に記載しなければなりません。しかし、お子さんを別れた夫ではなく母親である自身の戸籍に記載したい場合や、「離婚後300日問題」の事情があってお子さんの出生届を出していないことで、戸籍がなくお困りの人はいらっしゃいませんか。

法務局または市町村の戸籍窓口では、このような人が戸籍に記載されるための手続きをご案内しています。お一人で悩まずに、まずはご相談ください。秘密は守ります。

離婚後300日問題とは

民法では、離婚後300日以内に産まれた子どもを前夫の子と推定し、子が別の男性との間の子どもであっても、前夫の子として戸籍に記載されます。

子どもの父の欄に前夫を載せたくない場合や、前夫のDV(ドメスティックバイオレンス)、経済的な事情など、さまざまな要因から手続きを進められず、出生届が出されないことで子どもが無戸籍となる問題です。

釧路地方法務局帯広支局 

電話:0155-24-5823

役場住民課戸籍年金担当

電話:0156-22-8128