福祉でまちづくり宣言

私たちが健康で心豊かに安心して暮らすことは、町民すべての願いで、明るい福祉社会を誰もが望んでいます。

私たちは、豊かな自然と風土に恵まれたこの素晴らしい故郷を守り、感謝の心、思いやりの心で、ともに仲良く支え合い、住みよい福祉のまちを築くため、ここに「福祉でまちづくり」を宣言します。

  1. 家庭の和 地域の輪で 明るく住みやすい まちづくり
  1. 豊かな経験を活かし 町民参加の元気な まちづくり
  1. 地域福祉の充実で いつまでも笑顔で暮らせる まちづくり
  1. 人権を尊重し 一人ひとりが生きがいもてる まちづくり
  1. 人にやさしい 福祉の心を育む まちづくり

福祉でまちづくり宣言記念事業

本別町では、福祉でまちづくり宣言記念事業を毎年開催しています。記念事業では、福祉や地域包括ケアに関する講演会や地域団体の活動報告、意見交換などを行っています。

 

福祉でまちづくり宣言記念事業

開催日

11月9日(金)午後3時~午後5時30分

場所

中央公民館 大ホール

今年度のテーマ

「これからの防災を考える」

内容

1.報告「災害時要援護者の支援について」

 本別町総合ケアセンター 所長補佐 木南孝幸氏

 

2.講演「大規模停電を経験しての共助の取組み」

 社会福祉法人 登別市社会福祉協議会 総務係長兼地域福祉係長 坂本大輔氏

 

3.ゲーム「防災クロスロード」

 (ファシリテーター)

 十勝の未来を考える自治体職員の会 コーディネーター 近江正隆氏

 (進行協力)

 十勝の未来を考える自治体職員の会会員(管内自治体職員)

 

 

このページに関する情報のお問い合わせ先

本別町総合ケアセンター

電話:0156-22-8520