町長室

高橋正夫

 

新年あけましておめでとうございます。新たな希望を胸に、健やかな新年を迎えられたこととお喜び申し上げますとともに、日ごろより町政運営に特段のご理解とご協力をいただいておりますことに、心からお礼申し上げます。任期満了に伴います町長選挙におきまして、町民の皆様から力強いご支援と心温まるご厚情を賜り、六期目の当選の栄に浴し、引き続き町政の重責を担うこととなりました。これまで多くの皆様からお寄せいただきました信頼と期待に応えるべく、更なる本別町の躍進を目指し、本町のまちづくりの基本理念「ともに学び 支えあい 活力のあるまちづくり」を合言葉に、町民の皆様と共に歩み、対話の町政に全力で取り組む所存であります。

このたびの元職員の秘密漏えい、加重収賄および業務上横領事件に対し、昨年実刑判決が下されました。本別町といたしましては、この判決を重く受け止めるとともに、あらためて行政の責任の重大さを確認したところであります。また、この事件により本別町全体の名誉を傷つけ、町民の皆様をはじめ、多くの方々にご迷惑をおかけしましたことに対しまして深くお詫び申し上げます。この事件を職員一人ひとりが心に刻み、日々の業務遂行を通じて本別町役場に対する信頼を一日も早く回復できるよう、全力で取り組んでまいります。
平成29年は、基幹産業であります農業につきまして、植え付け期は高温で経過し、干ばつ傾向で推移してきましたが、その後、適宜な降雨に恵まれたこともあり、生育は順調に推移し、全体的に作物の生育も良く、酪農、畜産を含めて好調に推移したところであり、農業全体が大きく押し上がったことは、大変喜ばしいところであります。
本町の出来事では、4月に本町初となる幼保連携型認定こども園が開園しました。この開園により、本町で育つ子どもたちの保育・教育環境が充実し、これまで掲げてきた「福祉でまちづくり」がさらに幅を広げ、幼少期から老年期までの人々が充実した生活を送ることのできる環境が整備されてきています。この整備を本町が大きく発展していく機会と捉え、まちづくりは人づくりの理念のもと、さらに発展した協働のまちづくりを実践するため、取り組みの推進を図ってまいります。
今後も町民の皆様のまちを元気にしたいという思いと時代のニーズを的確に捉え、さまざまな事業に対し積極的に取り組み、総合計画や地方創生に掲げるまちづくりに邁進し、本町がさらなる飛躍を遂げる一年とする決意を新たにしたところです。
本年もこれまでと変わらぬご支援ご協力をいただきますようお願い申し上げるとともに、皆様のご多幸とご健康を心からご祈念申し上げます。

高橋正夫
※高橋の高は旧字体です