年金生活者支援給付金について

令和元年10月から消費税が10%に移行されることに伴い、低所得者の負担軽減を目的として年金に上乗せされて支給される「年金生活者支援給付金制度」が始まります。

支給要件

  • 老齢年金生活者支援給付金

①65歳以上の老齢基礎年金の受給者であること

②前年の公的年金等の収入金額とその他の所得の合計額が、老齢基礎年金満額相当(779,300円)以下であること

③同一世帯の全員が市町村民税非課税であること

 

  • 補足的老齢年金生活者支援給付金

①65歳以上の老齢基礎年金の受給者であること

②前年の公的年金等の収入金額とその他の所得の合計額が、老齢基礎年金満額相当(779,300円)より多く、879,300円以下であること

③同一世帯の全員が市町村民税非課税であること

 

  • 障害年金生活者支援給付金、遺族年金生活者支援給付金

①障害基礎年金または遺族基礎年金の受給者であること

②前年の所得が、4,621,000円以下であること

 

給付額(月額)

①老齢基礎年金生活者支援給付金

 5,000円×保険料納付済期間(月数)/480月

②補足的老齢年金生活者支援給付金

 ①の金額から所得額によって減少します

③障害年金生活者支援給付金、遺族年金生活者支援給付金

 5,000円(1級の障害基礎年金受給者は6,250円)

請求方法

  • 既に年金を受け取っている人

令和元年9月に支給要件を満たしている人あてに、請求書(ハガキ形式)が郵送されます。

必要事項を記入のうえ日本年金機構へ返送して下さい。

  • 新たに年金を受け取る人

老齢年金の請求と同時に年金生活者支援給付金の請求書を提出します(国民年金のみの人は住民課戸籍年金担当まで、厚生年金等の加入履歴がある人は帯広年金事務所へ)。

※初回の支給は令和元年12月を予定しています

給付金請求書が届きましたら、お早めに提出して下さい。

詳しくは日本年金機構のホームページをご覧ください。

このページに関する情報のお問い合わせ先

帯広年金事務所

電話:0155-65-5001