• ホーム
  • 新着情報
  • 落氷雪事故防止のお願い 雪による事故やケガにご注意ください

落氷雪事故防止のお願い 雪による事故やケガにご注意ください

毎年この時期は、屋根の雪下ろし中の転落や歩行中の転倒などによるケガ、死亡事故が各地で発生しています。

日中に気温が上がったときなどには、屋根から雪や氷が落ちる恐れもあり、大変危険です。

次のことに注意し、自宅や身の回りの危険防止にご協力をお願いします。

道路に雪が落ちるような建物には雪止めを

屋根には丈夫な雪止めをつけ、軒下にできる氷やつららは早めに取り除き、通行者に十分注意を呼び掛けましょう。

雪止めをつけていても、古くなって強さが足りなくなったり、壊れている場合があります。定期的に点検し、安全確認を行いましょう。また、つららができていたり、雪が落ちてきそうな建物の軒下を通行する際は十分気をつけ、場合によっては通行を避けるよう心がけましょう。

屋根の雪下ろし作業は命綱、ヘルメット着用を

雪下ろし作業をする場合は、安全帯や命綱、ヘルメット、滑りにくい靴を着用し、転落事故に十分注意してください。

作業は必ず2人以上で行うようにしましょう。1人で行う際には、家族や知人に作業していることを知らせておくことも大切です。

雪や氷が落ちた場合には、事故がないか確認を

屋根から雪や氷が落ちた場合には、事故がないかすぐに確認し、通行の支障とならないように速やかに雪や氷を処理しましょう。

路上駐車はやめましょう

冬期間は、雪により道幅が狭くなるため、路上駐車をしていると、救急車や消防車などの通行の妨げになり、火災や救急要請の際に、現場への到着が遅れてしまう可能性があります。また、路上に駐車している車両の陰から子どもが飛び出す場合もあり、交通事故の原因にもなります。大切な命や財産を守るためにも、路上駐車はやめましょう。

このページに関する情報のお問い合わせ先

本別消防署

電話:0156-22-2007

建設水道課

電話:0156-22-8122