特定不妊治療費の助成

町では、不妊治療を行っている町民の経済的負担の軽減を図るため、治療費の一部を助成しています。

詳しい助成要綱は下記PDFファイルをご覧ください。

助成対象者

「北海道特定不妊治療費助成事業」による助成の決定を受けた人で、本別町に1年以上住所があり、実際に特定不妊治療を受けた治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である夫婦。

助成回数

通算助成回数は、初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは6回(40歳以上であるときは通算3回)までとなります。(ただし、平成25年度以前から助成を受けている夫婦で、平成27年度までに通算5年間助成を受けている場合には、助成しない。)

助成金の内容

助成金額は、特定不妊治療に要した費用から北海道特定不妊治療費助成事業により助成を受けた金額を控除した額に対して、1回の治療につき15万円(ただし、北海道特定不妊治療費助成事業実施要綱第5に定めるCおよびFの治療については、7万5千円までとし、当該額に100円未満の端数があるときは、当該端数を切り捨てた額)を限度とする。

特定不妊治療費助成事業による助成を受けて子どもをもうけた夫婦が、第2子以降の特定不妊治療を行う場合には、第2子以降の治療の対象となる子ども毎に初めて特定不妊治療の助成をうける際の治療期間の初日における妻の年齢が、40歳未満であるときは通算6回(40歳以上であるときは通算3回)まで助成する。

男性不妊治療への助成

特定不妊治療のうち精子を精巣または精巣上体から採取するための手術を行った場合は、1回の治療につき15万円を限度に助成する。(ただし、以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施した場合を除く)

申請の手続き

申請を希望する人は、「本別町特定不妊治療費助成金交付申請書(実績報告書)」に必要事項を記入の上、健康管理センターへ提出してください。この申請は、北海道が助成決定した日から起算して1か月以内に行うようにお願いします。

申請書

申請書については下記PDFファイルをご覧ください。

北海道特定不妊治療費助成事業

詳細については下記の北海道のサイトをご覧ください

このページに関する情報のお問い合わせ先

健康管理センター

電話:0156-22-2219

FAX:0156-22-2916