第1次障がい福祉総合計画

第1次障がい福祉総合計画(平成30~33年度)

この計画は、障害者基本法、障害者の日常生活および社会生活を総合的に支援するための法律および改正児童福祉法の規定に基づき、障がい者や障がい児の福祉施策について、3年ごとに計画を作成しています。

第1次計画では、障がいの有無にかかわらず、誰もが人格と個性を尊重し、いきいきと地域で暮らすことのできるように、「自立と共生の社会の実現」の構築に向けて平成30年3月に策定しました。

計画の中では、理解と交流の推進、人権・権利擁護、相談体制や雇用と就労支援の充実、発達に心配のある児童への支援の強化を重点的に取り組むこととしています。

計画は、下記のPDFファイルをご覧ください。

このページに関する情報のお問い合わせ先

総合ケアセンター電話:0156-22-8520 

FAX:0156-22-6811