まちの中に四つの風を吹き渡らせよう!

2018年12月1日(土)

ほんべつ学びフェスタ2018(実行委員会等主催)が12月1日、中央公民館で行われ、約500人が来場しました。

 

 

開会式での学びの日宣言の朗唱に引き続き、第19次町中学生・高校生オーストラリア・ミッチェル訪問団と、徳島県小松島市立江交流事業訪問団がステージに登壇し、交流の様子を報告しました。

 

会場には、子供たちの作品や各学校・町教育委員会事業の写真が展示されたほか、小学生がお仕事を体験する「だがしや楽校」、軽スポーツ「ボッチャ」体験会、伝統文化子どもお茶席、本別高校主催の理科実験教室、教員を対象としたプログラミング教室などが催されました。

 

ランチバザーでは元気くんカレーやマンゴーミルクも昨年に続き好評を博し、北海道150年を銘打った下の句かるた大会では子どもから大人まで参加した12チーム36人が読み上げられた句の札を素早い動きで取り合うなど、来場者は学びの体験・発表を通して豊かな心を育みながら、楽しい一日を過ごしました。