引っ越しの際は、住所の異動をお忘れなく

住民としての届け出はすべて住民基本台帳に記録され、届け出と同時に国民健康保険や国民年金、児童手当、義務教育の就学、選挙人名簿への登録手続きを行うこととなります。

お住まいの市区町村で、選挙権をはじめとする各種の権利や行政サービスを確実に受けられるようにするため、進学や就職、転勤などで引っ越しをされる人は、忘れずに届け出をしましょう。

転入したとき【転入届】

本別町に住み始めてから14日以内に、前住所地の市区町村長が発行した「転出証明書」を持参の上、転入の届け出をお願いします。

転出するとき【転出届】

転出先が決まりましたら、転出予定日の14日前から手続きできます。転出の届け出をして、転出証明書をお受け取りください。

町内で引っ越しをしたとき【転居届】

新しい住所に住み始めてから、14日以内に転居の届け出をお願いします。

手続きできる人 

  • 本人または世帯主、同一世帯の人、代理人

(代理人の場合は委任状が必要)

届け出に必要なもの 

  • 本人確認書類・印鑑
  • マイナンバー(個人番号)の通知カードまたはマイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)
  • 在留カード等(外国人住民の人)

※本人確認書類とは、運転免許証、マイナンバーカードなど顔写真入りの証明書で、ない場合は健康保険証や年金手帳など2点以上必要です

※国民健康保険証や各種受給者証も変更の手続きが必要です。必ず持参してください

マイナンバーカードを転入先で継続利用する場合は、90日以内に手続きを

マイナンバーカードをお持ちの人が転入する場合、新しい住所地への転入手続き終了後90日以内に、カードの継続利用申請を行うことで、前住所地で交付を受けたマイナンバーカードを引き続き利用できます。

手続きできる人

  • 本人または世帯主
  • 同一世帯の人

届け出に必要なもの

  • マイナンバーカードと暗証番号(数字4桁)

注意事項

  • 継続利用の手続きをしないまま、転入届の日から90日経過すると、カードが失効となります
  • 署名用電子証明書は継続されません

このページに関する情報のお問い合わせ先

住民課戸籍年金担当

電話:0156-22-8128