春先の火の取り扱いにご注意ください

春先は、火入れや火の不始末による火災が多く発生します。この時期は、空気が乾燥し強風も吹きやすいため、大きな火災につながる危険性もあります。

火災を未然に防ぐため、次のことに注意しましょう。

  1. 風の強い日は、火入れをしない
  2. 家の周りに燃えやすいものを置かない
  3. 火気を使用するときは、必ず消火器具を用意し、その場所を離れない
  4. 外で喫煙するときは、あらかじめ吸い殻入れを用意し、投げ捨ては絶対にしない
  5. 空き地などの草刈り、空き家の管理をする
このページに関する情報のお問い合わせ先

本別消防署予防課

電話:0156-22-2007