下水汚泥を有効利用していただける人を募集します

町では、下水汚泥を継続的に有効利用していただける人を募集します。

下水道管理センターでは、年間約545,000tの汚水を処理しています。その処理過程で発生する汚泥は濃縮、脱水され年間約500tが「下水汚泥」となります。

下水汚泥には、農作物等の生育に必要な窒素・リンなどの肥効成分や微量元素が含まれています。また、有機質に富んでいるため、緑農地に適切に施用することにより、土壌の有機質量が増加し土壌改良剤としての効果も期待できます。

汚泥の特徴等について

・特有の臭いがあり、含水率が約80%です

・凝集剤という薬品を使用するため、粘着性が強く取り扱いにくい等の欠点もあります

その他

・運搬は町で行います(1回4t単位)

・汚泥利用者には奨励金を支払います

・施用する農地には町が土壌試験などモニタリングを行い、参考データを提供します

・本別汚泥利用組合の加入が必要です

このページに関する情報のお問い合わせ先

建設水道課水道下水道担当

電話:0156-22-8122