11月は児童虐待防止推進月間です

 

厚生労働省では、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と位置付け、児童虐待問題に関する啓発活動を行っています。

児童虐待の相談件数は依然として増加傾向にあり、子どもの生命が奪われるなど、重大な事件も後を絶たない状況にあります。

児童虐待問題は社会全体で解決すべき重要な課題であり、虐待の発生予防、早期発見・早期対応から、虐待を受けた子どもの自立に至るまで切れ目のない総合的な支援が必要です。

虐待を受けたと思われる子どもがいたら…

児童相談所や市町村の窓口へ連絡・ご相談ください。通告者のプライバシーは、法律で保護されています

【児童相談所全国共通ダイヤル】

189(いちはやく)

児童虐待とは…

 

【身体的虐待】

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、

やけどを負わせる、溺れさせる など

【性的虐待】

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、

ポルノグラフィの被写体にする など

【ネグレクト】

学校に行かせない、食事を与えない、ひどく不潔にする、お風呂に入れない、

車の中に放置する、重い病気になっても病院に行かせない など

【心理的虐待】

言葉による脅し、無視、親による子どもの差別的扱い、

子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう

(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

このページに関する情報のお問い合わせ先

役場子ども未来課 子ども・子育て支援担当

電話:0156-22-8130