死亡している野鳥を見つけた場合の注意とお願い

これからの時期、渡り鳥が多くなります。十勝管内では昨年、鳥インフルエンザウイルスに感染し死亡した野鳥が発見されています。鳥インフルエンザウイルスは通常、人に感染することはありませんが、野鳥と接する場合については、次の事に注意しましょう。

注意事項

○死亡または衰弱している野鳥を見つけた場合は、素手で触らないようにしましょう

○鳥の排泄物などに触れた後は、手洗いとうがいをしましょう

○水辺などに立ち寄って、野鳥のふんを踏んだ場合は、念のため靴底を洗いましょう

お願い

死亡している野鳥を見つけた場合は、下記までご連絡をお願いします。

農林課林務・耕地整備担当 電話:0156-22-8126